A database of all top artists and venues in and around Japan ... and more

DIRTY SOUTH


RANK.1273
// Information --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Name
DIRTY SOUTH
Subtitle
-
Type
DJ
Home
Australia
Group
PHAZING RECORDS
Genre Catagory
EDM / House / Electro
Genre Text
EDM
Description
Dirty South (ダーティー・サウス) は旧ユーゴスラビア、現在のセルビアのベオグラード生まれ。オーストラリアのメルボルンに移り住み、13歳のときにキャリアをスタート。彼の音楽制作キャ リアはDJのキャリアと共に成長し、現在はメルボルンとロサンゼルスに拠点を置く。身の回りにあるすべてのものから影響を受けたDirty Southは、古いNEC製 Hi‐Fiを使い即興でのテープデッキとのミキシングから始め、その後ブートレッグやマッシュアップの制作を開始。最終的にコンピュータ、ソフトウェア、 キーボードを使った制作になり、2004年にDirty Southとしての正式な作品制作に至る。彼は家族で使っていたコンピュータで他のアーティストの曲のリミックスやマッシュアップを制作し、世界中に配 信。これがオーストラリアのレコードレーベル Vicious Vinylの目にとまり、2005年に契約を結ぶ事となる。

以来、オーストラリアを拠点に活動するDirty Southは、自身の作品で数多くの賞を受賞。2005年と2006年にオーストラリア音楽業界最高の賞であるARIAの「Best Dance Release(ベスト・ダンス・リリース)」部門に2回もノミネート、2007年オーストラリアで最も有名なダンスミュージックウェブサイトである InTheMix のDJランキングで「国内で最も人気のプロデューサー」に選出、2006年末にはEvermoreの「It's Too Late」のリミックスでオーストラリア・クラブ・チャート第1位を獲得。また、Dirty SouthはPete Tongがホストを務める英国BBC Radio 1のEssential New Tune賞を受賞した1999年以来初めてのオーストラリア人アーティストでもある。さらに2007年にはInTheMix のトップ50 DJランキングで第2位に選ばれ、 世界的にも有名な雑誌DJ Magのトップ100 DJ人気投票では2007年より毎年ランキングに入るほどの人気を博す。

2007年にDirty SouthはイギリスのDJ Paul Harrisと協力し「Better Day」をプロデュース、Pete Tongに再びラジオで取り上げられる。Dirty Southは数多くの曲をリミックスをしており、その中にはメルボルン出身のTV Rockとの「Reach For Me」、「Feels Like Home」、「Higher State of Consciousness」などがある。2007年7月末にMYNC Projectと共に「Everybody Freakin」をリリース。2007年にはSwedish House MafiaのAxwellのレコードレーベルAxtoneからシングル「Let It Go」を発表し高い評価を受けている。

さらに、彼は2つのグラミー賞にもノミネート。2008年にKaskadeの「Sorry」のリミックスでベスト・リミックス・レコーディング賞にノミ ネートされ、2011年にはAxwellとのThe Temper Trapの「Sweet Disposition」の リミックスにより同部門でノミネートされた。

ボーカルにRudyをフィーチャーしたDirty Southのトラック「Phazing」は、2010年にリリースされた際にはBeatportのトップセールスチャートにランクイン。2011年にイギ リスのシンガー/ラッパーExampleのチャート1位のアルバム「Playing in the Shadows」のトラック「Anything」をプロデュース、2012年にはExampleの4作目のスタジオアルバム「The Evolution of Man」のリードシングル「Say Nothing」をプロデュースしている。Dirty Southはプロデュース、コラボレーションやリミックスで、 Snoop Dogg、The Pussycat Dolls、Kaskade、U2、Diddy – Dirty Money、The Temper Trap、David Guetta、Sebastian Ingrossoなど総勢50名以上のアーティストとの関わりを持つ。

2012年8月、Dirty SouthはAlessoと共に、Ruben Hazeをボーカルにフィーチャーしたシングル「City of Dreams」をリリース。初めはBeatportのみでリリースされ、最初の週にはBeatport Top 100の1位に。 「City of Dreams」の成功を裏付けに、Dirty Southは彼にとってこれまでで最大の北米ツアー「the City of Dreams Tour」を発表。2012年9月~12月にかけ、ニューヨークのRoseland Ballroom やロサンゼルスのPalladiumなど北米の30ヵ所以上でコンサートを行った。
// Media --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
// Links --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Homepage
iFLYER
Facebook
Twitter
Youtube
Spotify
Instagram
Soundcloud
// Events --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
// Similar --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
API CALL
curl https://api.ifndb.io/v1/artist \
-u YOURACCESSTOKEN \
-d id=31230 \